PFC-FD™︎療法について紹介!変形しているといわれた部位やスポーツで損傷した部位に効果的!

PFC-FD™︎療法という当院でも取り入れた新しい治療法を紹介します👨‍⚕️

PFC-FD™︎療法とは?

大谷翔平選手やタイガーウッズ選手が怪我の改善に活用したことでも話題になった、PRP療法を応用した治療です!

血液には血小板という、怪我を治そう!とする成分が含まれています。
採血した血液から特殊な技術を用いてその成分を抽出し、患部に注入する治療法です💉
・治りにくい組織の修復
・痛みの軽減
・炎症を抑える
といった効果を期待できます。
ご自身の血液なのでアレルギー反応等のリスクも少なく、注射のみの治療なので手術や入院が必要ありません。

PFC-FD™︎療法の適応は?

変形しているといわれた部位やスポーツで損傷した部位など様々な適応があります!

●関節が変形していると言われた
●今までの治療(保存療法)では効果がなくなっている
●手術は避けたい
●スポーツで身体を痛めた
上記のような方への治療の選択肢のひとつです。
変形では今までの保存療法で効果が得られなくなった場合に手術という流れが一般的でしたが、その間にこのPFC-FD療法をするという選択肢が広がりました。

【対象となる疾患】
●変形性関節症
●腱鞘炎
●テニス肘
●ジャンパー膝
●アキレス腱炎
●足底腱膜炎
●靱帯損傷
●肉離れ など

治療の流れについて


①症状や今までの治療についてお伺いします。
②約50mlの採決を行い、専門機関に送ります。
③3週間後には成長因子が当院に届きます。

PFC-FD™︎療法のメリットとデメリットについて


【デメリット】
●自己修復力に依存しているため、上手く修復プロセスが働かないことがあります。
●血液検査で感染症が陽性であった場合、治療を行うことができません。(HIV、B型肝炎、C型肝炎、梅毒、ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型)

【メリット】
●手術や入院が不要。
●自己修復が難しいと言われる組織でも、修復が期待できます。
●何度でも治療を受けることができます。
●関節、筋、腱、靱帯、骨など運動器の大半に対して治療を行うことができます。

治療費について

保険適用外の治療法のためやや高額ですが、医療費控除を受けることもできます。

保険診療適用外の治療法で、165,000円(税込)となります。(2023年時点)
これは、採決日にお支払いをお願いしております。
その他、技術料として2,750円(税込)を注射実施日にお支払いいただきます。
※カード払いや分割等不可

気になる方はお気軽にお声掛けください😌

関連記事

  1. 運動器検診で必ずチェックされる項目【側弯症(そくわんしょう)…

  2. 交通事故の診断書って必要?

  3. 交通事故治療は過失割合が大切!整形外科に受診して、適切に対応…

  4. 介護保険はどんな人が利用できる?認定を受けて介護予防サービス…

  5. 骨粗鬆症の原因は?骨密度の検査をして、正しく理解しましょう。…

  6. 変形性肘関節症とは?肘を酷使する仕事やスポーツをする方必見!…

PAGE TOP