交通事故に遭った場合、治療はどうしたらいいの?

交通事故治療 むち打ち、頭痛、肩の痛み、手足のしびれや吐き気 どうすればいいの?

当院では交通事故で怪我をされた方への診療、リハビリも行っています。

交通事故による怪我でよく耳にするのは「むち打ち」かと思います。
しかしそれ以外にも腰や肩、膝などに痛みが生じたり、頭痛めまいが生じたりと事故による症状は様々です。
事故による症状 首の痛み、肩の痛み、腰の痛み、頭痛、手足のしびれ、吐き気
事故当時は自覚症状がなくとも、数日経って首や関節に痛みが出てくることもあります。
まずはレントゲンやエコーなどで検査をし、治療方針を決定することが大切です。

エコー検査、レントゲン検査を行いましょう

当院では1日も早い症状の快方に向けて、医師、看護師、理学療法士他、メディカルスタッフによるチーム医療で治療します。

 

むち打ちは“首の捻挫”
即治療がおすすめです。

交通事故による怪我の種類や程度は様々ですが、追突事故などで特に多いのがむち打ちです。

むち打ちは「頸椎捻挫」といい、追突事故の衝撃で首が鞭のようにしなることで、筋肉や靭帯、神経、血管などが傷ついている状態のことをいいます。

首には脳へ繋がる重要な神経が多く存在していますので、ここを捻挫することで、頭痛、手足のしびれ、吐き気、倦怠感、集中力の欠如などの様々な症状が現れます。

また、それらの症状の多くは外見からは分かりにくく、本人しか分からない症状の為、人によっては我慢してしまって診療を受けないということもあります。

日常生活へ支障が出るレベルの不調が表れている方は勿論、事故から数日が経ってから「なんとなく頭がボーっとする」という程度の自覚症状の方も、一度は受診されることを強くおすすめします。

 

既に他の病院で診断を受けている方の転院も承っております。

「他の病院で診てもらったけど、薬と湿布だけ出されただけで良くならない。」など、交通事故に遭われた方、他院に通っても良くならない方、どうぞお気軽に当クリニックにご相談ください。

現在、他の病院(整形外科、外科など)に通院されている方でも転院は可能です。
※受傷日からの経過期間が長い場合や前医療機関での治療内容により当院での治療をお受けできない場合がございます。転院ご希望の際は、必ず来院前に電話にてご相談ください。

尚、損保会社の担当者に当院の院名(山室クリニック)と連絡先(076-492-9922)を告げてから来院していただくと手続きがスムーズにいきます。

関連記事

  1. 寒い季節には、手首の骨折に要注意

  2. “40~50代女性が悩む”肩の激痛で眠れない

  3. 交通事故の診断書って必要?

  4. 食事&運動で転倒しにくい体づくりを

  5. 日常生活でも起こる「捻挫」の危険性とは?

  6. 進行すると治療が難しい外反母趾は予防が大切

PAGE TOP