友豊会

リハビリテーション室 | 山室クリニック

リハビリテーション室

側弯症の理学療法(シュロス法)


当院では側弯の運動療法はシュロス法を採用しております。
シュロス法とは脊柱の異常を修正するため呼吸を中心に自動修正運動を行う事で側弯症を治療するアプローチです。
シュロス法はドイツで確立された、特発性側弯症に特化した運動療法です。現在ではアメリカ、韓国、日本、タイなど世界各国でもこの運動療法が用いられており当院でも採用しております。
側弯症でお悩みの方は一度ご相談ください。

※特発性側弯症とは
 脊柱(背骨)が曲がる病気の中でも、原因不明のものを特発性側弯症と呼びます。
とくに思春期の女子に多く、骨が未成熟な時期に発症すると激しく変形して、重症例では脊柱が曲がることで呼吸困難や心臓の機能不全に陥ることもある危険な病気です。できるだけ早い時期に受診して経過を観察するのが良いでしょう。

シュロス法認定

通所リハビリテーション

通所リハビリテーション
通所リハビリテーション
通所リハビリテーション

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME お知らせ 医師紹介 病院案内 診療時間 交通案内