友豊会

エコーガイド下筋膜リリース | 山室クリニック

エコーガイド下筋膜リリース

今まで、腰痛の80%は原因不明と言われ、漫然と湿布や薬を処方されて経過をみていた方も多かったと思われます。
また、五十肩、坐骨神経痛、肩こりと診断されて長年、マッサージ等の治療を受けてこられた方もたくさんいます。これまでの薬、電気治療、注射、マッサージ等の治療では治るのに多くの日数がかかる場合も多くありました。
近年、超音波診断装置(エコー)の驚異的な進歩によって、皮下の筋肉や腱の動きがリアルタイムで良く観察できるようになったのです。それによって、今まで、よく見ることができなかった皮下の筋肉等の病態(病気の成り立ち)がわかってきました。
当院では、従来、長い時間をかけて治療してきた患者さんや強い痛みで、日常生活にも困っている方に、超音波エコーで適確な診断をつけてエコーガイド下筋膜リリースを行い、良い成績を上げています。

 

では「エコーガイド下筋膜リリース」とはどのような治療かご説明いたします。
一言で述べれば、癒着して固くなった筋膜(筋肉を覆う薄い膜)を注射によってはがして筋肉本来の動きを回復して痛みを取り除く方法です。
私たちは普段の生活で長時間悪い姿勢をとったり、同じ動作を繰り返したりして筋肉を使いすぎると、筋膜が「癒着(ゆちゃく)」して、ひも状の硬いしこりを生じます。(これを硬結と言います。)
この硬結によって慢性的な痛みが引き起こされる状態を筋膜性疼痛症候群と言います。
当院ではこの筋膜の硬結を超音波エコーで探し出して、そこに安全な注射(うすい麻酔薬や生理食塩水を使用)をピンポイントで行います。
これによって、固まって動きの悪かった筋膜がバラバラとはがれて、動きを回復するのがエコーで確認できます。
この方法は驚くような治療効果を上げ、医学誌やTV等のマスコミに大きくとり上げられて最近評判となりました。
この方法が有効なのは筋膜の癒着が原因のしびれや、痛みだけではありません。
痛みやしびれにも効果が期待できます、それはこれらの病気にも筋膜性疼痛症候群が合併することが非常に多いためです。
また、テニス肘や、腱鞘炎なども治療対象になります。
ただし、骨折、感染、悪性疾患などは、もちろんそちらの治療が優先されます。

 

 

この治療をご希望の方はスタッフにお尋ねください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME お知らせ 医師紹介 病院案内 診療時間 交通案内